包茎手術の術後のケアとは - 包茎を切らずに治せるって本当?

包茎を切らずに治せるって本当? > 包茎手術の術後のケアとは

包茎手術の術後のケアとは

包茎手術を受けた後、術後のケアはどのような形になるのでしょうか?
もちろん手術の内容などによっても変わるものの、比較的一般的な「切除」を受けた場合、術後はどのような対応が必要か、簡単にご紹介しましょう。

まず通院の有無ですが、基本的には不要とされることも多いです。
抜糸がある場合、そのときに来院するくらいですね。
アナタの側で何か気になることや、その他異常があれば来院し、それ以外では特に通院を求められることも少ないので、この点はご安心ください。

術後の入浴は、シャワーが基本となります。
患部を濡らすのは問題となることがありますので、そこを濡らさないよう、軽くシャワーだけ浴びることになるでしょう。
シャワーは術後、当日より可能とされることもあります。
湯船に浸かるのは、患部の傷がある程度治ってからになります。
傷の小さい手術の場合、数日後には入浴を許可されることもありますが、抜糸も必要になるような手術の場合、抜糸が終わる「術後2週間」ほどを目安に許可されることもありますね。

このように、ある程度は日常生活を送れるのですが、では仕事はできるのでしょうか?
人によっては、これはかなり重要な問題ですね。
この点、手術の当日より、デスクワーク系なら問題ないとされることが多いです。
NGとなることがあるのは、重労働系。
たとえば工事現場などの激しい肉体労働が伴う場合、1週間程度は不可とされることがあります。
普段から重労働系の仕事をされている方は、しばらく働けなくなることを想定の上で、包茎手術を受けるといいでしょう。

このように、包茎手術のあと、必要となる特殊なケアはそれほどありません。
患部への刺激となる激しい運動や、直接の刺激となる性行為などを控えるのが、主なケアとなるでしょう。