包茎手術の術後の痛み - 包茎を切らずに治せるって本当?

包茎を切らずに治せるって本当? > 包茎手術の術後の痛み

包茎手術の術後の痛み

包茎手術に興味がある方は、術後にどれだけの痛みがあるのか、心配になる方も多いですよね。
術後の痛みですが、ある程度の痛みを感じる可能性はありますが、ほとんど痛みを感じずに過ごせる方もおられます。

まずある程度の痛みが出るのは、手術を受けた以上は避けられないことですね。
亀頭を覆っていた余分な皮とはいえ、それは確かに体の一部ですからね。
そこを物理的に切り取った以上、痛みは普通に生じます。
本当は、かなりの激痛を感じることもある行為です。
それなのに実際にはほとんど痛みを感じずに過ごせるのは、痛み止めがあるからです。

手術中は麻酔が効いていますので痛みはほぼ感じませんが、それが切れる頃から本来の痛みを感じ始めます。
ただ、病院側もそのことをもちろんわかっていますので、痛みで日常生活が送れなくなったりしないよう、痛み止めを処方してくれるのが普通です。
それをきちんと飲んでいる限り、体の一部を切り取られたことによる痛みは、ほとんど感じずに済むのですね。
そのため、術後にあまりの痛みで寝込んでしまうということは、あまり起こりません。
この点はご安心くださいね。

ただし、まったく無痛とまではいかないこともあります。
痛み止めさえ飲めばほとんどの痛みをカットできるものの、実際には体の一部が切り取られ、しかもまだそこが完治していない状態です。
患部を刺激されると強く痛むのが普通ですから、痛み止めを飲んだ状態でもチクチクした痛みを感じる場合はあります。
この点は、個人差も大きい部分です。
生活習慣や手術の内容、痛み止めと体との相性などがありますので、まったく無痛で過ごせる方もいれば、多少の痛みを感じる方もおられます。
できるだけ無痛状態で過ごしたいなら、患部をなるべく刺激しないようにご注意ください。