包茎手術は切除が一般的 - 包茎を切らずに治せるって本当?

包茎を切らずに治せるって本当? > 包茎手術は切除が一般的

包茎手術は切除が一般的

包茎手術というと、具体的には皮を切除する手術になることが多いですね。
そもそも包茎は、本来は表に現れるはずの亀頭が皮に覆われている症状ですので、皮の一部を切除して亀頭を露出させるのが効果的なのです。
この切除手術ナシで包茎を治せるのは、比較的症状が軽い仮性包茎の方のみとされるのが一般的です。
症状が軽ければ切らない手術で治療できることもありますが、そうでなければ、基本的に皮の切除となります。

一部の皮とはいえ、実際に体にメスを入れる手術となりますので、病院に行けばすぐに受けられる治療ではありません。
その病院の雰囲気やドクターの人柄、治療実績などを総合的に判断して、切除手術の内容や、治療を受ける病院を選ぶのが望ましいですね。

包茎治療を希望すると、このような切除手術の対応を必要とする場合が多いので、そのつもりで考えておくとスムーズです。
わからないことがあれば、積極的にクリニック側へとご相談ください。
その時のクリニック側の対応も、治療を受ける病院探しの判断基準の1つとなるでしょう。
このような特殊な手間や負担がある代わり、切除手術を選ぶと、包茎を本格的に治せる場合が多いです。

たとえば、カントン・真性包茎など、包茎の中でも症状が深刻な場合でも、切除手術なら治せることがあります。
問題となっている皮を物理的に切除しますので、通常時にはどうやっても露出できない亀頭を、露出させられます。
また、長年ずっと皮に覆われていた場合、亀頭と皮がくっついており、そのままでははがれないこともあります。
これも手術の処置で分離できます。
負担は少し大きいですが、その代わり効果も大きくなりますので、検討してみてくださいね。