切らない包茎手術とは - 包茎を切らずに治せるって本当?

包茎を切らずに治せるって本当? > 切らない包茎手術とは

切らない包茎手術とは

包茎手術と言えば、余っていたり、亀頭を覆って離せなかったりする「皮」を、物理的に切除する場合が多いです。
このような手術は体にメスを入れることになりますから、負担も大きく、できれば切らない手術がいいと思う方も多いでしょう。
実は一部の包茎手術は、皮を切らない方法となります。
コレを使えば、体に負担の大きな手術を受けることなく、包茎を治せることになります。

ただ、この方法で治療を受けられるのは、包茎の症状が比較的軽い方に限られます。
包茎のタイプでいえば「仮性」。
その中でも、余っている皮が比較的短い方に向いている手術です。

具体的な手術の方針は、皮がむけた状態でのクセをつけることで、包茎状態を改善するものになります。
具体的な方法には2種類あります。
1つは、皮をむいた状態で、皮の何か所かを縫合する方法。
もう1つは、同じく皮をむいた状態で、その皮を医療用の接着剤で固定する方法。
どちらを選んでも、皮をむいた状態を固定し、皮がむけるようなクセを皮自体につけるのが目的です。
これで皮にクセがつき、何もすることなく皮がむけた状態を維持できることがあります。

症状によっては、切らなくても包茎を治せるのですね。
心身への負担が少ない上、処置が失敗に終わっても損失が少ない点がメリットです。
症状が軽い仮性包茎の方は、このような手術も考えるといいでしょう。
切らない包茎手術とは以上のようなものですので、仮性包茎以外の症状の方には、そもそも処置が難しくなります。
皮をむいた状態で固定するのが主な処置内容になりますが、カントン・真性包茎はどちらも皮をむくこと自体が難しいからです。
症状によっては選べないこともありますのでご注意ください。