包茎とは?知っておきたい3つのタイプ - 包茎を切らずに治せるって本当?

包茎とは?知っておきたい3つのタイプ

包茎とは、平常時、亀頭が皮に覆われている状態を指します。
そのため、亀頭が現れていなければすべて「包茎」と言えるものの、亀頭が皮に覆われている状態には大きく分けて3つのタイプがあります。
どのタイプかによって、包茎の深刻度やオススメされる治療、手術の推奨度なども変わります。
各タイプを知っておくといいでしょう。

まず1つ目は、「仮性包茎」です。
このタイプの包茎は、皮が余っているだけの症状に見えることも多いです。
大きめの皮に亀頭が覆われていますが、皮を軽く引っ張れば簡単に亀頭が現れます。
勃起すると自然に皮が後ろに引っ張られ、何もすることなく亀頭が現れることもありますね。
日本人にはかなり多いタイプの包茎で、特に病的なものでもありません。
ただし、通常の方よりもやや不衛生になりやすいというデメリットはあります。
これらデメリットが問題なら、手術を受けるといいでしょう。

2つ目の包茎とは「カントン包茎」と言います。
これは仮性包茎と同じく、皮が余っているような形で亀頭を覆う状態になるのですが、亀頭先端部の皮が狭く、亀頭を締め付けている症状です。
仮性包茎よりも皮をむくのが困難で、無理にむくと痛みが生じたり、皮が戻らなくなったりします。
仮性包茎よりもやや深刻な包茎で、手術が推奨されます。

3つ目の包茎は「真性包茎」といいます。
これは亀頭先端部の皮が狭すぎ、亀頭の露出がまったくできない状態を指します。
皮がペニスを圧迫している状態であり、勃起すらも難しいため、セックスも困難です。
また、内部に雑菌が溜まりやすく、衛生面でも問題があります。
一番深刻な症状で、早期の手術が強く推奨されます。

包茎には以上のようなタイプがあります。